知っているようで、意外と知らない『敷金』と『礼金』の違い

賃貸物件を探しているとき、敷金と礼金についての欄は必ずありますが、物件によって金額が異なりますし、そもそも名前だけは知っているけれど、何のお金かはあまりよく分からないという方も多いのではないでしょうか。これから新生活に向けて準備される方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 まずは『敷金』についてご説明します。敷金は、入居者が退去時までに支払えなかった賃料の滞納や、たばこやペットなどによる傷や汚れの修理費などに充てられるお金になります。つまり、部屋を綺麗に使い、滞納などがなければ、手元に戻ってくるお金になります。一方の『礼金』ですが、文字どおり物件を貸してもらったお礼のお金として、オーナーに支払うお金になりますので、敷金のように退去時に戻ってくることはありません。

知らないと損!初期費用ゼロ物件を契約するときは気をつけて!

最近は賃貸物件も増え、古い物件だと空室が目立つ物件も少なくありません。そんな中、オーナーも入居者を増やすために、入居者側の負担を減らそうと、敷金や礼金をゼロ円にしている物件も多くあります。入居者側からすると、入居の審査さえ通過してしまえば、手軽に物件を借りられてしまうので、契約しやすいですよね。礼金が戻ってくることはありませんので、ゼロ円であることに越したことはありませんが、敷金がゼロ円の場合は注意が必要です。 敷金は、退去時の入居者側の負債等に充てられるお金ですので、ゼロ円の場合はその担保がない状態で入居することになります。通常の生活範囲の傷や汚れなどは、物件の通常損耗にあたりますので、入居者側の負担になることはありませんが、長く住んでいるとつい気が緩んでしまい思わぬ傷をつけてしまうこともあります。退去清算時にトラブルにならないよう、普段から注意して生活していきましょう。